SIGGRAPH Asia 2016 勉強会

SIGGRAPH Asia 2016 で発表された全論文についてお互いに論文要旨を発表し合うことで、コンピュータグラフィクス分野における最先端技術の動向を俯瞰します。

はじめに

SIGGRAPH について

ACM SIGGRAPH はコンピュータグラフィクス分野を対象とする ACM の分科会で、毎年夏に国際会議 SIGGRAPH を、冬に SIGGRAPH Asia を開催しています。学術的な研究成果の発表の場である SIGGRAPH ですが、同時にアート・産業における最先端の成果物の発表の場でもあります。

SIGGRAPH に採択される学術論文は、同時にトップ学術ジャーナル ACM Transactions on Graphics にも掲載されます。SIGGRAPH Asia も同様です。つまり、SIGGRAPH は会議という形態でありながら、同時に最も名誉ある学術研究発表の場でもあります。

SIGGRAPH Asia

SIGGRAPH Asia 2016 について

SIGGRAPH Asia 2016 は 2016 年 12 月 5 日から 8 日まで中国のマカオで開催されました。

SIGGRAPH Asia 2016 の学術論文セッション (Technical Papers Program) では 90 件 (うち 1 件の ACM Trans. Graph. からの招待発表を含む) の論文が発表されました。

右のワードクラウドは今回発表された論文のタイトルから生成されたものです。


勉強会について

概要

SIGGRAPH Asia 2016 で発表される 90 件の論文 (うち 1 件の ACM Trans. Graph. からの招待発表を含む) 全てについて、セッション毎に担当者を決め、輪講形式で互いに論文要旨を発表し合います。聴講のみの参加も可能です。

対象

コンピュータグラフィクス分野に関わる研究者・技術者・学生などが主な対象ですが、SIGGRAPH で発表される学術論文に興味がある人ならどなたでもご参加いただけます。

目的

動向を知るための場
SIGGRAPH の論文を網羅的に目を通すことはコンピュータグラフィクス分野の動向を知る上で多いに役に立つと期待できますが、これを個人で行うのは困難です。そこで輪講形式で互いに論文の内容を共有し合うことで、SIGGRAPH 全体を万遍なく知るための機会となることを期待しています。
知識をつけるための場
自身で発表を行うために論文の精読を行ったり、他者の発表を聴くことで、参加者がコンピュータグラフィクス研究に関連する新しい知識を身につける機会となることを期待しています。
交流のための場
コンピュータグラフィクスやその周辺分野に携わる研究者・技術者・学生などの交流の場としての機能を期待しています。休憩時間や懇親会を通じて、互いに情報交換などを行っていただければ幸いです。

開催概要

日程

2017 年 3 月 12 日 (日) 13:00 — 18:00

会場

〒113-0033 東京都文京区本郷 7-3-1

東京大学理学部 7 号館 214 教室 (2 階)

参加費

発表する方: 無料

聴講のみの方: 200 円 (当日現金でお支払いください。)

懇親会

勉強会後、本郷三丁目駅付近の居酒屋・レストランに移動して行います。参加費は 3,000 円程度を予定しています。


参加者の方へ

参加登録

参加希望者は、以下のフォームから参加登録してください。登録受付は 3 月 10 日にて一旦締め切ります。早めに登録して頂けると助かります。また、遠隔発表にて参加される方も参加登録をお願いします。

参加登録フォーム

担当セッション登録

発表希望者は、3 月 1 日までに以下のフォームから希望のセッションを登録してください。できるだけ多くの方に協力して頂けると幸いです。複数のセッションを担当して頂けると助かります。

担当セッション登録フォーム

発表資料の提出

勉強会終了後に全員分の発表資料をまとめ、勉強会参加者に配布します。発表担当者は 3 月 13 日 (月) までに配布用の発表資料を PDF 形式に変換し、下記フォームより提出してください。

配布用資料提出フォーム

発表上の注意


プログラム [仮]

Opening Session (13:00 — 13:10)
Session 1 (13:10 — 14:10)
1Indoor Scene Modeling大垣 慶介株式会社ドワンゴ
2Video依田 伸樹東京大学(五十嵐研究室)
3Computational Photography
4Shape Semantics小山 裕己東京大学(五十嵐研究室)
5High Resolution鈴木 健太郎Polyphony Digital Inc.
Break (14:10 — 14:25)
Session 2 (14:25 — 15:25)
6Scanning & Tracking People佐々木 諒東京大学(五十嵐研究室)
7Sound & Pattern Synthesis山本 和彦ヤマハ / 東京大学(五十嵐研究室)
8Parameterization & Remeshing盧 承鐸東京大学(五十嵐研究室)
9All About Sampling大津 久平東京大学(蜂須賀研究室)
10Fantastic Elastics中川 展男Polyphony Digital Inc.
Break (15:25 — 15:40)
Session 3 (15:40 — 16:40)
11Fabrication中島 一崇東京大学(五十嵐研究室)
12Meshes & Fields高山 健志国立情報学研究所
13Tessellations高橋 憲一株式会社カブク
14Smash & Splash深堀 孔明株式会社スクウェア・エニックス
15Materials谷田川 達也早稲田大学(森島研究室)
Break (16:40 — 16:55)
Session 4 (16:55 — 17:55)
16Filtering Images高山 耕平株式会社デジタル・フロンティア
17Human Motion岩本 尚也早稲田大学(森島研究室)
18Data Driven Modeling森本 有紀九州大学動画発表
19Complex Rendering山本 真史東京大学(蜂須賀研究室)
20All About Seeing小玉 周平東京電機大学(高橋研究室)
Closing Session (17:55 — 18:00)

その他