SIGGRAPH 2020勉強会

SIGGRAPH 2020で発表される全論文についてお互いに論文要旨を発表し合うことで、コンピュータグラフィクス分野における最先端技術の動向を俯瞰します。

はじめに

SIGGRAPHについて

ACM SIGGRAPHはコンピュータグラフィクス分野を対象とするACMの分科会で、毎年夏に国際会議SIGGRAPHを、冬にSIGGRAPH Asiaを開催しています。学術的な研究成果の発表の場であるSIGGRAPHですが、同時に関連産業における最新成果の発表の場としての側面もあります。

SIGGRAPHまたはSIGGRAPH Asiaに採択された学術論文は、同時に当該分野のトップ論文誌であるACM Transactions on Graphicsにも掲載されます。また、ACM Transactions on Graphicsに掲載された学術論文は、SIGGRAPHまたはSIGGRAPH Asiaにて発表する権利が与えられます。

SIGGRAPH 2020について

SIGGRAPH 2020は2020年8月にオンラインで開催されます。SIGGRAPH 2020の学術論文セッション (Technical Papers) では163件 (うち40件のACM Trans. Graph.からの招待発表を含む) の論文が発表されます。


勉強会について

概要

SIGGRAPH 2020での発表に含まれる163件の論文 (うち40件のACM Trans. Graph.からの招待発表を含む) 全てについて、セッション毎に担当者を決め、輪講形式で互いに論文要旨を発表し合います。聴講のみの参加も可能です。

対象

コンピュータグラフィクス分野に関わる研究者・エンジニア・学生など、SIGGRAPHで発表される学術論文に興味がある方を対象としています。

目的

動向を知るための場
SIGGRAPHの論文を網羅的に目を通すことはコンピュータグラフィクス分野の動向を知る上で多いに役に立つと期待できますが、これを個人で行うのは困難です。そこで輪講形式で互いに論文の内容を共有し合うことで、SIGGRAPH全体を万遍なく知るための機会となることを期待しています。
知識をつけるための場
自身で発表を行うために論文の精読を行ったり、他者の発表を聴くことで、参加者がコンピュータグラフィクス研究に関連する新しい知識を身につける機会となることを期待しています。
交流のための場
コンピュータグラフィクスやその周辺分野に携わる研究者・エンジニア・学生などの交流の場としての機能を期待しています。休憩時間や懇親会を通じて、互いに情報交換などを行っていただければ幸いです。

開催概要

日程

2020年8月15日 (土) 13:00—19:00 (長さは発表者数に応じて大幅に変わる可能性があります)

方法

オンライン会議システムのZoomを用いて開催します。Zoomに参加するためのURLは当日までにメールで連絡します。

懇親会

勉強会終了後、そのままZoomを用いてオンライン懇親会を行うかもしれません(当日希望者がいれば)。


参加者の方へ

参加登録

参加希望者は、以下のフォームから参加登録してください。登録受付は8月14日にて締め切ります。早めの登録にご協力お願いします。発表登録を行った人も忘れずに参加登録をしてください。

参加登録

担当セッション登録

発表希望者は、8月8日までに以下のフォームから希望のセッションを登録してください。多くの方に協力して頂きたいです。複数セッションを担当して頂けると助かります。

発表資料の提出

勉強会開始前に全員分の発表資料をまとめ、勉強会参加者に配布します。発表担当者は8月14日までに配布用の発表資料をPDF形式に変換し、下記フォームより提出してください。

配布用資料提出

発表上の注意事項

その他の注意事項


プログラム

開始時刻 番号 セッション名 発表者 所属 発表時間
13:00 - Opening 小山 裕己 産業技術総合研究所 5
13:05 4 Geometric Deep Learning 谷田川 達也 東京大学 15
13:20 17 Real-Time Rendering 鈴木 健太郎 Polyphony Digital Inc. 15
13:35 29 Monte Carlo and Perception 鈴木 健太郎 Polyphony Digital Inc. 15
13:50 1 RGB++: Depth, 3D, and Light Fields 湯村 翼 情報通信研究機構 10
14:00 37 Artistic Imaging 井尻 敬 芝浦工業大学 10
14:10 21 Cinematography 立福 寛 株式会社Cygames 10
14:20 - Coffee Break - - 10
14:30 12 Optimization 小山 裕己 産業技術総合研究所 15
14:45 19 Fabrication 中島 一崇 東京大学 15
15:00 23 Simulating Natural Phenomena 山本 和彦 ヤマハ株式会社 15
15:15 16 Mapping and Parameterization 高山 健志 国立情報学研究所 10
15:25 34 Shape Modeling 高山 健志 国立情報学研究所 5
15:30 36 Making Delaunay and Voronoi Proud 高山 健志 国立情報学研究所 5
15:35 - Coffee Break - - 10
15:45 - Poor Sessions A 10
15:55 - Poor Sessions B 10
16:05 7 Capturing and Editing Faces 岩本 尚也 ファーウェイ・ジャパン 15
16:20 18 Face and Full Body Motion 岩本 尚也 ファーウェイ・ジャパン 15
16:35 31 Motion Matching and Retargeting 岩本 尚也 ファーウェイ・ジャパン 15
16:50 15 Characters and Rigid Bodies 中川 展男 株式会社ポリフォニー・デジタル 15
17:05 - Coffee Break - - 10
17:15 26 Developing Geometry 鳴海 紘也 東京大学 10
17:25 32 VR Hardware 山本 健太 筑波大学 15
17:40 35 Creative Fabrication 山本 健太 筑波大学 10
17:50 33 Simulating With Points 梅谷 信行 東京大学 15
18:05 38 Differentiable Rendering and Applications 木内 舜司 電気通信大学 15
18:20 24 Appearance Modeling 大津 久平 Karlsruhe Institute of Technology 10
18:30 30 Smart Sampling 大津 久平 Karlsruhe Institute of Technology 10
18:40 - Closing 小山 裕己 産業技術総合研究所 5
18:45 Party

その他